鍵ハモでイベント参加

ちょうど一週間前の日曜日は発表会でした。

その余韻に浸る間もなく、私には次のイベントが控えておりました。
それは北区の【秋のフェスティバル】
元は美味しい食べ物のお店の一番を投票で決める飛鳥山公園のイベントだそうです。
野外ステージが設置され、様々な団体が思い思いの演目を披露するのです。
北区の鍵ハモ(鍵盤ハーモニカ)のサークルに今回参加させてもらい、楽しいひと時を過ごさせてもらいました。
江戸川区人の私を温かく迎えてくださり、ありがとうございました。
鍵ハモ4台とキーボード、パーカッションの編成で
 
♪ビューティフル ネーム
♪星に願いを
♪小さな世界
♪アンダー ザ シー
♪ドレミの歌
 
の5曲を演奏しました。
最後のドレミの歌は鍵ハモキッズも加わり、可愛らしくも賑やかに幕を閉じました。
鍵ハモは誰でも簡単に吹けます。(しかし奥が深いです)
歌は音程を取るのも苦手だし、恥ずかしいと思われる方も、鍵ハモなら気軽にチャレンジできると思います。
学校の音楽で使った鍵ハモが家のどこかで眠ってませんか?
引っ張り出してきて、プー!とやってみませんか?
結構面白くてハマってしまうかも知れません。
よかったら一緒に吹きましょう!
Let's play 鍵ハモ‼️
 
 

プログラム完成

出来上がりました、発表会のプログラム。

今回は中ページの生徒さんの名前のデータは仲間の先生にお願いして、他の部分は私が原稿を作りました。
人数が多くなったので、A4サイズの紙に収まらなくなり、家庭用プリンターでの印刷も出来ないので、ネットの印刷屋さんにお願いしました。
紙の厚みなどはその印刷屋さんのサイトを見ても専門用語だったりしてよくわからなかったので、メールでやり取りしながら決めました。
出来上がってみれば、さすがプロの印刷!黒がくっきりしていて綺麗です。
次回もここに印刷を頼もうかな。
家庭用プリンターで100枚刷るとインク代もかなり掛かり、返って今回の様に印刷屋さんにお願いした方が安く済みますね。
トラブルが無いかずっとプリンターに付きっ切りで何時間も印刷する手間も無いですしね(-_^)
生徒達に配りながら、それぞれの名前がどこにあるか一緒に見るのも楽しいものです。 
のんびりしてる生徒も、プログラムに自分の名前が載ってしまったとなると覚悟を決めるものです。
とにかく舞台ではどの子も一人で出て行って演奏して戻ってこなければなりません。
自分自身でやり遂げることを学んで行きます。
さ、もうひと頑張り❗️
自主的にレッスンを受けて、家での復習もしっかりやれば、おのずと結果は付いてきます。

いっぱい書きました

【オリズムピックA】で勉強する四分休符を書く宿題を出しました。

そしたら翌週に小学一年のAちゃんはこーんなにたくさん、しかも大人が書いたのかな?と思ってしまうくらい上手に書いて来てくれました。
ここまでたくさん書いて来たのは初めて❗️
よく頑張ったね。
これできっと  『パクちゃん』こと四分休符をしっかり覚えられたんじゃないかな。
お見事❗️❗️👏

お気に入りのラジオ番組

昔はラジオはラジカセやオーディオプレイヤー、はたまたポータプルラジオで聴くものでした。

しかし現在はネットでもラジオが聴けるんですね。NHKのラジオはスマホやタブレットのアプリ【らじるらじる】で聞けちゃうんです。
このアプリのスゴさはまた別の機会にお話しするとして、今日はわたしのお気に入りの番組を教えちゃいます。
NHK FM毎週月曜日の朝7時25分から9時20分の115分間の[きらクラ!]です。
番組サイトの説明によると〜〜
“独特の感性を持つタレントふかわりょうと、気鋭のチェリスト遠藤真理が繰り広げるお気楽クラシック音楽バラエティー・ラジオ。極上の音楽とまったりトーク、さまざまな企画コーナーによって、気楽にクラシック音楽に触れることのできるキラキラした日曜の午後をお届けします。”
 
番組内にイントロ当てクイズや勝手にクラシックの音楽に新しい曲名を付けてしまうコーナー、空耳クラシックコーナーなどなど個性的な面白いコーナーが満載❗️
いつも朝6時からAM放送の英語の語学講座をずっと聞いて、7時からはFMにチェンジしてニュース➡︎きらクラ!と家事をしながら聴き流しています。
ちょうど明日は月曜日なので、聴いてみてくださいね。
毎週出されるイントロ当てクイズの答えについてお話し出来たら嬉しいです。
お聴きになられたご感想を教えてください。きらクラ!ファンを増やしましょう🎵
 

図書館で借りられるオススメCD

うちの教室の近くに松江図書館があります。

わたしは よく 気になった本やCDアルバムは区の図書館のホームページで検索して、区内にある全ての図書館の中から取り寄せて松江図書館で受け取ります。
さて、今回皆さんにオススメしたいのが
【ピアノによるルロイ・アンダーソン】
ルロイ・アンダーソンと言えばタイプライターのキーの音を取り入れた曲や時計のカチコチといった音を表現した時計の曲など、皆さんも一度はどこがで耳にした事のあると思います。
だいたいオーケストラ演奏である事が多いのですが、このアルバムでは25曲全てピアノの演奏です。
いつかは弾いてみたい曲が見つかる事請け合いです。
そしてもう一枚ご紹介するのは
【子どものためのクラシック】〜子どもや赤ちゃんも楽しく聴けて、脳にいい刺激を与えるために〜
 
ドビュッシー、チャイコフスキー、ショパン、レオポルト・モーツァルト、などなどこちらも ちまたでよく流れている曲ばかり。お気に入りの曲が見つかるかもしれませんよ。
 
もっともっとクラシック音楽と仲良くなって、日々の慌ただしい生活に潤いを与えてみましょう。
 
これからも色々ご紹介していきますのでお楽しみに〜〜🎵
 
 

自分の目と耳で体感しよう

区役所の文化課のラックにあったコンサートなどのチラシから気軽に行けそうなものをピックアップして来ました。
レッスンの時に送迎してくださるお母さんに説明しながらお渡ししています。
区内のホールで開かれるので、自転車でサイクリングしながら行かれても良いのでは?
もっとクラシック音楽と仲良くなって、好きな作曲家や曲を探してみましょう。
自分の財産になること間違いなしです。
これからも時折オススメのコンサート、ミュージカル、演劇、などがありましたらドンドンお知らせして行きま〜す。

毎週のお楽しみ

 

 

お兄ちゃん一緒にレッスンに来てくれてるK君は、自分のレッスンが終わるとお兄ちゃんを待ってる間に教室のiPad Airで音符の読みをマスターできるアプリで遊びながら勉強しています。

男の子はこういったゲームの方が夢中になって音符の勉強をしてくれますね。

写真ではお見せできないのが残念ですが、踊りながらほんとうに楽しそうなんです。

もしiPadをお持ちなら、音符を読むアプリも幾つか

出てますからお試しあれ。

 

 

 

 

 

久しぶりにお手紙をもらったんです♫

今年初レッスンの時のこと、Kちゃんからこんなにカワイイ😻お手紙をもらいました。

一昨年までは幼児や低学年の生徒がほとんど居なくてお手紙をもらうことは何年もありませんでした。
なので、とっても嬉しかったです🤗
そうそう❗️字が書けるようになるとお手紙を書きたくなる時期ってあるんですよね😊
このお手紙も宝物なので、大切に保管しておきま〜す🎶
ありがとねー😉

11月から聴音も頑張っています

大学生のCちゃんは学校の授業で聴音(先生がピアノで弾いた曲を聴きとって五線に書き取ること)をやった時、難しくてあまりできなかったそうです。

聴音は訓練しないと出来ません。コツがちゃんとあります。
やったことが無ければ、どの様に聴き、そして書きとれば短い時間で楽譜を完成させられるのかはわからないと思います。
そこでCちゃんは普段のピアノのレッスンの他にも別の日にレッスン時間を取って、聴音もレッスンすることになりました。
直ぐにはコツを掴めないかもしれませんが、コツコツ訓練していくうちに必ず身につきます。
それと共に少し苦手な視唱も正しい音程で歌える様になると思います。
1ヶ月経ちました。効果は確実に出ています。これからが楽しみですね。




繰り返しによって身につける

【オリズムピックA】で学習した内容を次の【オリズムピックB】で復習し定着させます。

まだしっかりと覚えられていない場合はまとめのページをコピーし、全部間違えずに書けるまで何度も繰り返しテストします。
レッスンでうっかりミスの多い場合はだいたい学校でも同じようなミスを繰り返していたりするようです。
自分から気づいてミスが少しずつ減って行けるようにレッスンでも訓練しています。

ピアノはピアノだけを習うのではなく、日常生活で欠かせない挨拶から始まり、椅子に座った時の姿勢、言葉づかい、生徒一人一人に合った練習方法、そして落ち着いて物事を考える習慣、と様々なことが学べる総合的な習い事です。
長期に習うお稽古事ですから、地道に積み重ねていき多方面に良い効果が生まれていきます。(短期で辞めてしまわれるとほとんど身につきません。)

ぜひピアノを始めるのなら10年スパンで考えていただきたいと思います。
まさに《ローマは一日にして成らず》なのです。
わたし自身も長期的な視点でお子様の成長を捉え指導の計画を立てています。
コツコツ、コツコツ積み上げて一生役に立つものを身につけさせてあげたいものです。






鍵盤ハーモニカって楽しい♬

先日【メロディオンフェスティバル2015】に行きました。メロディオンとは鍵盤ハーモニカのことです。

フェスティバルではかつて小学校で手にしたのとは少し違う鍵盤ハーモニカがありました。鍵盤数の多いものや高い音専用、低い音専用、ドラムやエレキギターなどの大きな音の楽器にも負けないアンプと繋げられるタイプなど色々。

小学校で使うのは鍵盤数が32鍵です。
フェスティバルではプロが整った音を37鍵タイプで簡単そうに奏でていました。
37鍵はやお手軽な価格のものと少し高いのがありました。(アンプにつなげられないタイプ)
会場で試奏ができたので、吹き比べてみました。
ステージでの音の違いも一目瞭然でしたし、自分で実際に手に取って吹いてみてもよくわかりました。
とにかく、値段は音色と吹きやすさに比例する‼︎ということです。ピアノでも同じですね。
良い楽器では心地よい音が苦労しないで出せるのです。実際楽器メーカーの方にお話を伺うと、中のリードも本体の材料もランクが上のものを使用しているとのこと。
それなら当たり前ですよね。

というわけで、楽に気持ち良く鳴らせる鍵盤ハーモニカを買いました。

久しぶりに時間が取れたので、この本一冊丸ごと思う存分鍵盤ハーモニカを吹きまくって楽しみました〜




秋は習い事を始めるのに良い季節

今月は体験レッスンがちらほら入ってます。
暑い夏が終わって、落ち着いて何かに取り組んだり新しく何かを始めたりするのに良い季節となりました。
体験レッスンを経て正式にご入会となったAちゃんも張り切っていますよ。

来年9月にはタワーホール船堀での発表会も決定しています。
今から始めれば絶対に出られます!
さあ、始めてみませんか?
クリスマスの楽しい曲もいっぱいありますし、ドラマやアニメの主題歌やゲームのテーマソングなど弾けたらきっと楽しいでしょう?

体験レッスンのお問い合わせをお待ちしていまーす。







PIANO Adventure A(ピアノアドベンチャーA)を体験

【PIANO Adventure A】 
待ちに待った楽譜が届いたので、付属のCDを流しながら一通りノリノリで歌ってためしてみました。中は全て英語なので、よくわからないページもありました。 
これから少しずつよく読んでレッスンに活用して行く予定です。 
歌もいっぱいあります。 
歌詞はあえて日本語にしなくても、耳からそのまま覚えて歌った方が良いと思います。 
英語の勉強とピアノが一緒にできます。 
これからの時代に合っている教本とも言える気がします。 
私もなるべく早く生徒たちに紹介するために勉強がんばります❗️ 


新しく出会った教本




アメリカで一番メジャーなピアノ教本と言われている Faber先生の【PIANO Adventure 】を取り寄せてみました。

先日この教本ですでにレッスンをされている先生方との勉強会に参加しました。
色々お話を聞いているうちに私もレッスンに使ってみたい気持ちが大きくなりました。
これから内容の勉強をして行きます。




ケンとバン 修了おめでとう‼︎

6月からスタートした1年生の生徒ちゃんが初めてテキスト修了です。

筆記の勉強も大好きで、宿題は〜❓と毎回せがまれてしまうほどです。
すぐにやりたい派の彼女は、言われたそばから書き始めていい❓と(≧∇≦)
その位大好きみたいです。

そんな勢いなので、発表会の準備さえなければきっともーっと早くにテキストは終わっていたでしょう。

次はなに〜❓

終わっちゃったから次のテキストが気になるみたい。
まだピンクの  せんかん  と オリズムピック もあるので、そっちを片付けてからまだやってない黄色をやろうかな〜と思っているところです。

ヤル気いっぱいの生徒ちゃん達と毎週楽しくレッスンしています。

まだまだ夏真っ盛りですが、秋からの体験レッスンはいかがでしょうか?
空き時間のページをご確認いただいて、ご希望の時間をお選びください。
お申し込みはこちらからどうそ。






発表会用の曲の自宅練習の為に

自宅練習の為にお手本動画を撮りました。

mailに添付して生徒ちゃんのお家のパソコンに送ろうとしましたけど、なぜか弾かれちゃってどうしても返って来ちゃうんです。
じゃ仕方ないのであとはYouTubeに限定公開にしてアップしました。
限定公開とはその動画のアドレスを知っている人だけ視聴出来るものです。
生徒ちゃんのご家庭にその動画のアドレスを教えてあげれば、何度でも、しかも自宅のパソコンにダウンロードされないので、パソコンの負担にもならず、そしてまたパソコンだけじゃなく、スマホやタブレットからも見る事が出来ます。

とっても便利な使い方でしょ?
秘密の暗号を知っている人だけが見られるって、なんだか特別感がありますね(-_^)

皆さんも是非YouTubeを使って容量の大きな動画をご親戚やお友達などに見せてあげるのに使ってみてくださ〜い。





上履きを買うならちょっと待って‼︎

なんで⁉︎

その理由は〜〜
ブログで!
更新しました〜〜\(^o^)/



とても大切なレッスンカレンダー

各曜日の【レッスンカレンダー】は毎年1年の初めにお渡ししています。

このカレンダーが無いと、わたし自身もとても困るんです。
レッスンに夢中になっていて、次回のレッスンがお休みだったことを生徒さんに言い忘れてしまうことが多いからです。
レッスンカレンダーがあれば、お休みがいつなのかパッとわかります。
☆印は翌月分の月謝の納入日です。 
8月にある♡は発表会です。
各ご家庭で1年間保存していただいています。

最近はLINEなどでご父兄のスマホにカレンダーの画像を送ったりもします。
外出先からでもいつでもレッスン日の確認が出来るので、便利だと思います。

小さなことですが、生徒さんのご家庭の協力があってこそのレッスンなので、わたしもできるだけ負担の無いようにしたいと日々考えています。


しっかりおぼえたね

オリズムピックAの仕上げに音符と休符のテストをしました。

もしかしたら、案外忘れちゃってたりするかな〜と思いながら、ゆきこ先生は裏紙にパパッと問題を書いてK君に渡しました。
K君は自分のレッスンはすでに終わってて、お兄ちゃんのレッスンが終わるのを待っている間にそのテストに取り組んでもらいました。

ゆきこ先生がレッスンに夢中になっていると、全問答えを書き終えてありました。

すばらしい‼️ 全問正解の100点!

K君もゆきこ先生も大喜び〜
さあ、次はオリズムピックBに進みましょう😄


わかーるワークの活用

ミュージックキーの教材の中のワーク【わかーるワーク】をほとんどの生徒さんが使っています。

導入編と基礎編では主に漢字練習ドリルの様な感じで、音符をなぞったり、音符を読んで階名(ドレミ)を書いたりする教本です。
この本は書いて、丸つけしておしまい、では勿体無いです。
音符を読んでドレミを正しく書けたとしても、それが鍵盤で一致していないと実際にピアノを弾く時に困ります。
具体的にどういうことかと言うと、文字で書いた【ドレミ】はただのドレミでしかなく、正確に読めたとしても、ピアノの中にある音の高さの違う複数のドレミのどこなのか?が理解できていない場合がよくあるのです。
ですから、宮崎音楽教室では写真のように、実際に弾いてみるところまで発展させています。
音の高低が楽譜から正しく読み取れると、知らない新しい曲を宿題に出されても譜読みの負担が軽く済みます。譜読みにあまり時間が掛かると、それだけで疲れてしまって、曲を弾くまで行くのがおっくうになりがちです。だから譜読みが早くできるのはとても重要なのです。



新しく入った生徒さんの準備

先週体験レッスンを受けてくれたBちゃん。3月より正式にレッスンが始まるので、ゆきこ先生は準備をしています。
まずいつもの楽器店に楽譜を注文して 、入荷したので取って来ました。
そのいつもの楽器店とは船堀のトキビルにある山野楽器です!
信頼できる営業マンと女性の店員さんにずっとお世話になっています。

あら、女の子用の月謝袋のストックが無くなってしまいました。
また注文しておかないと。

Bちゃんとレッスンする3月が待ち遠しいです〜😍

0歳からOKのコンサート イン 江戸川区

就学前のお子様はなかなかコンサートには連れて行けないですよね。途中で騒いだら周囲に迷惑だから行きたくてもいかれないな〜、なんて思っていませんか?

2月10日の【広報えどがわ】には0歳から参加出来るコンサートのお知らせが出ていました!
ミュージックボックスコンサートについてはブログに載ってましたので、リンク先に飛んでご覧ください。
ボーカル、ピアノ、チェロ、パーカッション、ベースによる演奏です。
面白そうな楽器の組み合わせですね。

早いうちから生の演奏を聴かせてあげるのはとても良い刺激になります。
ご興味のある方は電子メールでも申込めるようですからいかがでしょうか〜?



カードを挟むと

習いたての頃は鍵盤の配列がまだよく理解出来てないですね。

右手と左手の弾く位置を探すのも難しいです。
そんな時、黒鍵が2つのグループと3つのグループを見つけて間に大きめのカードなどをはさむ練習をすると良いです。
ピアノを始めて間もない生徒さんは鍵盤はどれもみんな同じに見えてしまうようです。
黒鍵が2つのグループは【ドレミ】、3つのグループは【ファソラシ】がきちんと頭に入っていると、手のポジションがグンと見つけやすくなります。

その鍵盤の配列に特化した教本があります❗️
【ケンとバン】です。
初めてピアノを習う小さな生徒さんにはとても役立つ本です。




びっくり!世界共通じゃなかったのね

日本ではト音記号は五線の第二線から書き始める、と習います。

つい最近まで世界中どこでもその書き順だと思っていました。
ところが、海外のピアノレッスンサイトなどにあるワークシートは違っていたんです‼️
なんと、日本での書き順のおしまいに当たる所が書き始めなのです。

あぁ、カルチャーショック‼️

そのサイトだけじゃないの〜?と思ってあちこち見て回りましたが、他も日本の逆でした。

その書き順だときれいな形を作るのが難しそうだけどね〜

よくよく考えてみると、つまり楽譜の初めにその記号が書かれていれば良いわけで書き順は、はっきり言ってどうでもいいのかも知れません。

ト音記号は【ト】つまり【ソ】の音の所から書き始めるからト音記号と呼ぶので、私はやっぱり日本式の書き順が良いと考えます。
なのでこれからも日本式の第二線から書き始めると教えます。

みなさんはどう思われますか?
しっぽの様な丸まった所からの方が書きやすいですか?
何かの機会にみなさんと意見交換してみたいですね。
ちなみに、ヘ音記号はどこの国でも同じ書き順のようでした。




歌詞が混ざってしまうときは

歌いながらピアノを弾くときに、音符を見つつ歌詞を見ていると1番と2番の歌詞がごっちゃになってしまうことがよくあります。
そんなときは写真の様に1番の歌詞は黄色、2番の歌詞はピンク色など色を付けて見分けやすくすると良いですよ。
また、色鉛筆よりはラインマーカーを使った方が簡単できれいにできます。
これはピアノを弾く場合だけでなく、コーラスの譜面でも使えます。
試してみてください。
きっと歌いやすくなりますから

なぜピアノを習いますか?

脳科学者の澤口俊之氏が興味深いことを話しています。

ピアノと脳はとても良い関係らしいですよ。
4年程前もあるTV番組で【習い事はピアノだけでいい】と言ってましたね。

この記事を読まれて

じゃ、ピアノを始めよう❗️

と思われたら、ぜひ体験レッスンをどうぞ。
お申し込みはこちらへ
mail:41m.yukiko@gmail.com

合格おめでとう

初めての認定試験を先週受けました。

ミュージックキーシステムはオリジナルの認定試験があります。
8級からスタートします。
各級は、テクニック、メソード、曲、楽典の4部門に分かれています。各部門に一枚の認定証があり、4枚を合体させると大きな一つの認定証になるデザインです。
まだ二人とも2部門のこっているので、来週のレッスンで残りの部門をクリアする計画です。
この認定試験は普段のレッスン室でゆきこ先生が試験官となって採点します。
過度の緊張することなく、適度な緊張感を持って気軽に臨めます。
この試験の目的は落とすことではなく、日頃の練習の励みになるように取り入れています。
今年はなるべく多くの生徒に認定試験を受けてもらおうと計画しています。




大譜表の音符カード

大判カードにぴったりな上質な裏紙が手に入ったので、音符カードを作りました。
《ソーヨひめとファーデスおうじ》で学習した音符の読みの定着に活躍しそうです。

今年も始まりました!ポイントシール

おはようございます。
今年もポイントシールを集めてごほうびをもらおう\(^o^)/が始まりました!
早くも3つも貼った生徒さんがいますよ〜
今年は長い曲の場合も不公平にならないように、一番短い曲の生徒さんを基準にしています。
だからシールが誰でも集めやすくなりました(^_-)
少しでもこれが励みになってピアノの練習を毎日してくれたらいいな、と思っています。

ありがとうございます

今週も体験レッスンのお申込みをいただいています。
年が明けてから新規のご入会も もう早くもありました。
春までお待ちいただかなくても、空き時間であればすぐにでもご入会可能です。
一足早いお教室探しはいかがでしょうか?
皆様のお申込み、お問い合わせをお待ちしております。

どうぞよろしくお願い致します。


今年初の体験レッスンでした

年が明けてからの仕事始めの日にご連絡をいただいた年中君の体験レッスンごありました。
とってもシャイなんです。
ママの後ろに隠れちゃって(≧∇≦)
曲を弾いてもらったら、さすが男の子!ピアノの音がしっかり出ていました。
これからピアノを勉強して行けば、きっとぐんぐん伸びて行けそうです。
これからが楽しみなA君でした。
また会おうね〜\(^o^)/
次はオリズムピックのお店やさんの続きをやりましょう♪

どうしてピアノが脳に良いか

とても興味深い動画を見つけました。

英語ですが、字幕が出ますので、大丈夫です。
どうぞじっくり最後までご覧ください。
これを見たら子供の習い事にはピアノが適しているのが分かると思います。
もっともっとみなさん、ピアノを弾きましょう❗️
もちろんその他の楽器でもいいですけどね(^_-)



イルミネーション飾りました

5年ぶりに我が家のクリスマスイルミネーションを復活させました。

家の窓や玄関周り、そして!3階のベランダから1階の屋根まで垂らしたツリーをイメージしたホワイトLEDライトは今年のメインです。

今年一年の感謝を込めて、ご近所のみなさまに楽しんでいただこうと、頑張って飾りました。

この時期だけの限定バージョンの宮崎音楽教室を是非見に来てくださいね。

おはようございます。
今年もポイントシールを集めてごほうびをもらおう\(^o^)/が始まりました!
早くも3つも貼った生徒さんがいますよ〜
今年は長い曲の場合も不公平にならないように、一番短い曲の生徒さんを基準にしています。
だからシールが誰でも集めやすくなりました(^_-)
少しでもこれが励みになってピアノの練習を毎日してくれたらいいな、と思っています。

レッスン空き時間状況を更新しました

おはようございます。
いつも見に来ていただき、ありがとうございます。
このホームページはわたしがコツコツと立ち上げているものなので、あちこち至らない所があるかもしれません。
もしお気づきの点がありましたら、ご連絡ください。よろしくお願い致します。
日々改善をしてより見やすく、わかりやすく、を心がけて行きます。

さて今回はもっと見やすいレッスンの空き状況のお知らせにしたい❗️と考えて表にしてみました。
これでどこが空いているのかかが、すぐにわかるようになりました。

体験レッスンもちらほら入って来ていますので、空き時間の変更が出るかもしれません。
こまめにチェックしていただきたいと思います。

初のボサノヴァ ライブに

家のすぐ近くで開かれたライブでの様子をアメブロに書きました。
よかったらご覧くださいね。
http://ameblo.jp/yuki-vocal-piano/entry-12010277355.html





書き込み作業

生徒さんの教本を預かって、そのまだ翻訳されてない英語版の教本に日本語訳を書き込んでいます。

簡単にサクッと終わらせるつもりでしたが、これが結構時間のかかる大変な作業でした^^;
小一時間くらいあれば〜、半日でもあれば〜
書いても書いても終わりません。
しばらくやってると腕や手が疲れて、指も痛くなって来るので、休み休みやります。

Rちゃん、ごめんね、次のレッスン前には返せそうにないです。
でも先生頑張るから〜〜待っててね〜💪